話題のアメフト

スポンサーリンク

こんにちは、エンジョイホッケーのユイです。

毎日毎日、日大のアメリカンフットボールのタックル問題がメディアを賑わせていますね。同じコンタクトスポーツのアイスホッケーをやっている皆さんはこのプレーについてどう思いますでしょうか?

私なりの見解は、コンタクトスポーツはこういったプレーはよくあることなんだけどな、と思ったのが素直な感想です。

私も現役時代、フェイスオフと同時の頭突きを食らったり、パックと関連ないところで、後ろからクロスチェックを食らったり、よくやられました。クロスビーも悪質なプレーで現役を危ぶまれるくらいの大ケガもしましたし、主力プレーヤーの試練ですよね。

もちろん反則行為ですので、よくあることではいけないのですが特出した選手や、チームの要となる選手に反則的なチェックや、怪我をさせるようなプレーって実際ありますよね。もちろん、スポーツはフェアプレーの精神の上でやるべきもので、そうあってほしいとは思いますが実際にはああいったことがあるのがスポーツですよね。というか、世の中ってそういうもんじゃないかなと思います。人を殺めてはいけませんよって当たり前ですが、殺人事件も起きるし、スピードは60キロまでですよっていってもスピード違反する人もいますからね。

もちろん反則をした選手は良くないし、指示をした監督も指示の仕方が良くなかった。でも、タックルを受けた選手も、コンタクトスポーツで、ましてや定期戦を行う因縁の相手で自分が主力ポジションであるならば、いくらパスを出したらタックルはしてはいけないというルールがあったとしても油断しないようにすべきでしたね。

3回もやられているのであれば自分が狙われていることも分かるわけですし。自分が狙われていることを活かして、戦略を立てて相手を打ち負かすのがよりクレバーな選択だったんじゃないかなと個人的には思うニュースでした。

まあ、今回の反則はちょっと悪質でしたね。アイスホッケーでいうスルーフッティングに匹敵するものですので、ある程度の処罰は必要でしょうがちょっと面白おかしくメディアが騒ぎすぎ感が否めませんね。

ブログ
スポンサーリンク
シェアする
ehockey98をフォローする
アイスホッケーの教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました