決定力不足は何故起こる?

スポンサーリンク

昨日は、サッカーワールドカップの壮行試合がありましたね。残念ながら0ー2という結果に終わってしまいました。

昔から、サッカー界で言われていますが、日本は決定力不足が長い間言われていますね。かつては、岡崎選手なんかが結構決めてはいましたが、世界的にみれば絶対的なストライカーではありません。これはサッカー界に限らず、アイスホッケーでも同様かと思います。何故そうなのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

決定力不足は何故起こる?

体格差なんて言う人もいますが、私は圧倒的にシュートの練習量(時間)が不足していると思います。

どうしても日本人は、パスやスケーティングの練習に重きを置いて、シュート練習は二の次になってしまう傾向が多いです。

練習では最初に2、3本のシュート練習をして、ローリングやらなんやらで、何本か打って、マッチという練習が多いと思いますが、せいぜい1日の練習で20~30本。週1回程度練習があったとして、1ヶ月で100本程度。

年間で、せいぜい1500本程度のシュート練習で果たして上手くなるんでしょうか?

現在はそんなことはないと思いますが、以前は『試合に負けた原因は3ピリオド走りきれない体力がないからだ』という理由でせっかくの氷上練習の時間を全てスケーティングのみの、いわゆるしごき練習なんてざらにありました。

そもそも、天性のストライカーなんてのは滅多に現れないのに、それに加えてシュートの練習量がそもそも少なかったら、個々のシュート力も上がらないし、仮にストライカーの才能があったとしても芽が出ません。

中学生や高校生になったら、組織プレーの練習をしなけらばなりませんから、いかに幼少期に基礎のシュート練習をどれだけやったかが最終的な決定力につながります。

もし自宅の庭などで、シュート練習が出来る人はとにかくシュートを打つ。

これにつきます。

クロスビーも子供時代に自宅の洗濯機がボコボコになるまで毎日毎日シュート練習してましたからね。

「一万時間の法則」なんて言葉は聞いたことがありますか?

詳しくは割愛しますが、クロスビーしかり野球のイチロー選手が証明するように正しく時間をかければ高い技術を習得することは可能です。

さらにそこに才能・素質が加われば、天性の決定力の高い選手が生まれるのです。

今まではその大切な時間をスケーティングに注がれていたので、”日本は有数のスケーティングが上手な国”になっているのです。

ちなみにこれは褒め言葉というよりも皮肉です。

いくらスケーティングが上手くても、シュートが正確でなければ得点につながりません。

最後の決定力は、シュート力(パワーじゃないですよ)です。

指導する側の方や、選手をお子さんにもつ親御さんはぜひ実践してみてください。物事(ここでいうと決定力)の本質を見極めることが本当に大事だと私は思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました