『とにかくシュートを打て』って、言っていませんか?

スポンサーリンク
ゴーリの脇

『とにかくシュートを打て』

私が幼少時代に監督やコーチによく言われた言葉です。
こういうセリフの出てくる理屈は…ピリオド間のシュート数のアナウンスで相手よりも少ない、もしくは絶対数が少ない。

シュートは打たなければゴールにはならない。
「宝くじは買わなきゃ当たらない」と同じ理屈です。

一見、正論のように見えますが、例えばキーパーの正面弱いシュート、味方フォローが来ていないくて自分の体勢が整っていないのにやみくもなシュート、などの考えなしで放たれたシュートのゴール確率って高いと思いますか?オリンピックの上位国や、NHLの選手が意味のないシュートを打っていますか?
もしそのように、見えてるのであれば観察不足です。何度も何度も試合の動画を見直してみてください。

私は、日本のスポーツ、特にアイスホッケーやサッカーのようなスポーツで、長い間言われ続けている決定力不足、その一因に、このよく耳にする『とにかくシュートを打て』の言葉が様々な悪い要因を表しているように感じています。

スポンサーリンク

『とにかくシュートを打て』の何がいけないのか。

『とにかくシュートを打て』のなにがダメなのか。

冒頭で少し話していますが、結論から言うと『考えていない・想像していない』からダメなのです。

そもそもアイスホッケーは相手ありきのスポーツです。
DFも簡単に打たせまいとプレッシャーをかけて来ますし、GKも正確なポジショニングで簡単には入らないところにポジションをとります。レベルが上がれば上がるほどシュートが打てるシーンで十分な状態の体勢でいられることはそうそうありません。

その状態で打ったシュートが入る確率はせいぜい1〜2%と言ったところでしょうか。多くの試合が枠内シュートがせいぜい多くて50本というところでしょうから、確率的には1点です。

1点で試合に勝てますか?

これが、質を高めた・考えて・想像して鍛え上げられた意識の高いシュートだったらどうでしょう。
確率が5%〜10%に上がるだけで、同じ50本の枠内シュートでも2〜5点取れるようになります。

試合に勝てる確率がものすごく上がりませんか?

では、そもそも決まるシュートってどんなシュートなのか考えてみましょう。

決定力のあるシュート

ゴールが決まるシュートは、よく観察してみているとある程度パターン化していますので、まずは挙げてみましょう

  1. スロット内からの、コントロールされたスナップショット
  2. 素早いパスからのワンタイム
  3. 遠い距離から放たれたシュートをブラインド、もしくはシュートの軌道を少し変える
  4. リバウンド
  5. ブレイクアウェイ

これらが主な得点シーンのパターンです。

前提として、これらのシーンを増やすことが大事です。これらのシュート数が増えれば、必然的にゴール数は上がるはずです。しかし、これだけでは足りません。ここに想像力・理解力を加えるだけで、ゴール確率は格段に上がります。

さらに決定力を上げるための考え方・想像力

先に上げたパターンは、皆さんなんとなく思い浮かぶのではないでしょうか。さらに細かく見ていき、どうすればよりキーパーが取りづらいショットになるのか想像力を働かせられるかが肝です。1つひとつみていきましょう。

スロットルからのコントロールされたショット

スロットル内からのシュートは一番定番で、皆さんもよく練習でも行うかと思います。その中で、どんなシュートがキーパーが困るかというと、素早くコントロールされたシュートが取りにくいと言われています。ここが大事です。

『速さよりも、コントロールです。』

ノーコンで枠を外す&ボディブローだけの早いシュートは怖くありません。コントロールは、肩口、サイド、股、こぼれやすい脇を正確に狙います。また素早く肩口に狙うと、キーパーは反射的にどうしてもシュートを打たれた時にバタフライしやすいので、確率がぐっと上がりますので、素早いスナップショットの肩口シュートはたくさん練習しましょう。
また後述しますが、キーパーが優秀で完全にコースを塞がれた場合は、味方のポジションを脇見でみながらそこにリバウンドが溢れるようにシュートを打つのも手です。これも結局はコントロールですね。また、一瞬味方を見たり、DFの股の間からシュートを打って相手DFをブラインドに使ったり、一瞬パックを動かし、キーパーの重心を少しずらしてからシュートを打つなど、工夫の仕方は山のようにあります。上手な選手のプレーをよく観察してみてください。

パスからのワンタイム

2-1もしくは3-2からのパスからのワンタイムシュートやコーナーからのパスに合わせてワンタイムなどですね。
ここでなにが大事かというと『キーパーを動かす。』ことです。

アイスホッケーはゴールが小さく、キーパーが体が大きいと、簡単にはシュートが入らないように見えますが、キーパーを左右に動かすことでキーパーのポジショニングを崩しゴールスペースを空けることが出来るのです。パスによるキーパーの揺さぶりには組織力が必要ではありますが、左右に動かさならながらセービングというのは非常に難しい技術なので、そう容易には止められないです。強いチームになると個々の動きによるキーパーの移動だけでなく、こういった組織力を使う選択肢が増えることで、キーパーの迷いを生じさせるため、結果としてゴールの数が増えるので試合に勝つことが出来ます。

ワンタイムの典型例はコーナーでキープして、ゆっくりDFが真ん中に寄ってきたとこに素早くパスからの肩口へのワンタイマーなんかはよく決まります。

皆さんもよく練習するであろう、2-1や3-1・3-2からのゴールは練習量の割に決まりませんので(スピードとパス技術がある程度必要なため)そういったチームは、セッティングからの5-5での練習をした方が有効な気がします。いかに、相手の陣地内でのプレーを増やすかが重要ですし、難しい部分ですからね。

遠目からのシュートの軌道を変える、ブラインド

軌道を変えるシュートもよく見る光景ですね。強いだけのスラップショットは案外止めるのは簡単です。160kmとか出れば別ですが…。そう簡単にそんな強いシュート打つ人いませんからね。その中で決められる確率が高いのは、打たれたシュートに少し触れる、もしくはキーパーにブラインドをかけて少しでも困らせるだけで、ゴール確率は格段に変わります。


(↑TOP10のゴールが良い例です。↑)

また、FWがクリーズのすぐ脇に立ち、スラップショットと見せかけ、速い低いショットを枠外に打ちFWが壁役になり決めるのも選択肢としてありですね。

触れるのも、工夫しましょう。角度を変えるのか、グラインドできたのを上げるのか、高めにきたのを下げるのか。NHLで高めのショットを打ち、少し触れて下げて決めるのが流行ってはいますが、アイデアは素晴らしいですが、技術的に難しく、不用意にスティックを上げてしまうとハイスティックを取られる可能性が高いので、まずは角度を変える・ブラインドあたりから始めると良いでしょう。

リバウンド

多くのゴールシーンが、リバウンドのこぼれ球に反応してのケースが多いです。『とにかくシュートを打て』と呼ばれる所以も、リバウンドでのゴールが多いため言われる方が多いのではないでしょうか。

しかし、リバウンドやこぼれ球でのシーンだけを切り取っていては、本質的な部分は見えていません。リバウンドでのゴールがどのように生まれているのかその過程を踏まえていくことがとても大切になります。リバウンドでの決定率を上げるシーンのポイントを見ていきましょう。

リバウンドのポイント

  1. ポジショニング
  2. シューターの狙いどころ
  3. ポジションごとの上がるタイミング

リバウンドでのポイントは大きなところでは上記の3つになるでしょう。ひとつずつ見ていきましょう。

ポジショニング

ポジショニングは文字通りどこに立っているべきかになります。
各々のシュートシーンでリバウンドがこぼれてくる場所が特徴があります。2-1のケースで、味方FWが45度からシュートを放てば、反対の45度付近に速度が速めのリバウンドが来ますので、詰めすぎれば反応できません。ややスピードを落としてスティックを氷につけて素早く反応できるように待ちます。

セッティング後の味方DFからのスラップショットは、手前やGKの脇に出ることが多いので、GKの前や脇で待ち、シュートの変化を出すことも考えて、スティックはやや上げた状態で待つと対応力が上がります。

いわゆる、ゴールへの嗅覚と呼ばれるもので、天性のセンスを持つ選手もいますが(なんでそこにいるの!?と思われるようなところに走りこんでくるような)これは普段からの観察力でいくらでもそのレベルを上げることが可能です。普段の練習から、キーパーのはじき方や、こぼれる場所をよく観察して記憶して、無意識でそこにポジショニングできるレベルまで上げていきましょう。

シューターの狙いどころ

シューターの狙いどころは、リバウンドをいかに計算して出すかという点です。

例えば2–1のシーンで自分がパックキャリアだとしましょう。 ゴーリーが正確なポジショニングで立ちシュートコースは完全に塞がれている。DFもFWの間にいてパスが通りそうもない状態の時にあなたはどこにシュートを狙いますか?
いろんな選択肢はあるかと思いますが、考えて想像力を使うと、ファーサイドのゴーリーの足元を狙うというのが有効です。

逆サイドに走りこんでるFWがリバウンドが叩ける場所にパックがこぼれるようにシュートを打つというイメージです。キーパーを使ってパスを出す感じですね。うまくいくと反対側のFWにパックが溢れ、ゴーリーもすぐには動けませんのでバックドア側から容易にゴールを決めることができます。

ニアサイドの足元や高めのシュートの場合このようなこぼれ球は出にくいです。どこに味方が走りこんできていて、どこにリバウンドが出ると良いか、そのためにはどこにシュートを打つことが正解なのかをイメージしてシュート打つことが大事になります。

シュートはどこを狙うのが正解か

続いてゴールが決まりやすい、シュートの狙う場所についてです。
一般的には5ホールと呼ばれ、両肩口、両脇、股下のことを呼びます。こんな練習用のシート見たことありと思いますが、これが5ホールです。

5ホール

間違いではないですが、よりゴールを決めたいと考えるのであれば、さらに掘り下げてみていきましょう。

真・5ホール

ゴーリーも5ホールは知っているので、ポジショニングなどでゴールを決めさせまいとしてくるわけです。正確にポジショニングを取られると5ホールといえど、なかなか決められません。そこで一般的な5ホールとは別により実践的な5ホール、両耳脇・両脇(ゴーリーの脇の間)・股下についてご紹介します。

両耳脇

ゴーリーの両耳脇

肩口のより内側、ゴーリーのヘルメットの両脇を狙います。
人間ですので、顔の付近に来たパックには顔をそらしてしまうということと、肩口よりも顔の脇の方が反応しにくい(手が届きにくい)というのが理由です。

両脇(腕と体幹の間)

ゴーリの脇

ゴーリーの脇(腕と体幹の間)はパッとみた感じスペースが無いように見えるのですが、ユニフォームのたるみなどでそう見えるだけで実は少しスペースがあるのです。しっかりと反応されるとブロックされますが、後方に溢れやすくぽろっと後ろに溢れてゴールが決まりやすい場所です。ブロックされたとしても、必ずゴーリーの前にリバウンドが出るのでリバウンドをコントロールしやすいというメリットもあります。

股下

ゴーリーの股下

股下は一般的な5ホール同様に、ゴーリーの嫌がるシュートコースのひとつです。
股下は、一見そんなに入らないように思えますが、正確なバタフライやスティックコントロールを必要とします。少しでもずれてしまうと、ゴールや不用意なこぼれ球を出してしまうため、ゴーリーにプレッシャーのかかるシュートとなります。

まとめ

『とにかくシュートを打て』という言葉からスタートしたシュートについての記事ですがいかがでしたでしょうか。

質の高いシュートは、とにかく数を打った方が良いです。

アイスホッケーは他のフィールド競技に比べてシュート数の多いスポーツです。基本的にはゴーリーが高い確率でセーブするので、80〜95%は止められます。だからといって、ただただ闇雲にシュートを打つことがこのゲーム性の本質ではありません。

質の高いシュートを打っていても、このセーブ率になるわけですから、考えられていない質の低いシュートはゴーリーが初心者でない限りほぼ入りません。

ぜひ今日の練習から、質の高い・考えた・イマジネーションのあるシュートを心がけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました